あなたの街の歯科医院をご紹介する総合サイト

インプラント治療.net

インプラントQ&A

Q1.インプラントは誰でもできますか?

A1.心臓病や糖尿病などの持病のある方や、妊娠中の方、骨粗鬆症治療の方はインプラントをできません。埋め込む骨の状態によっても適応できない場合がありますので、予め診断をしておく必要があります。

Q2.年齢制限はありますか?

A2.骨の成長がほぼ終了する16歳~18歳以上の方で、他に問題がなければ治療を受けることができます。

Q3.歯が一本も無い場合でもインプラントはできますか?

A3.残っている歯の本数は、インプラントに影響はありません。歯が一本もない場合であっても、骨さえ確保できれば治療ができます。

Q4.骨の厚みがが少ないと言われたのですがインプラント治療できますか?

A4.他の部位から骨を移植したり新しく骨を造ることで、インプラントを埋めるための骨量を確保することで、治療ができる場合があります。

Q5.治療期間はどれくらいかかりますか?

A5.個人差はありますが、顎の骨とインプラントが完全に結合するのに、約6~10週間かかります。その後、人工歯の型をとるため、さらに数週間がかかります。

Q6.インプラントはどの位もちますか?

A6.素材はチタン製で非常に硬く丈夫なため、毎日の歯磨きとメンテナンスを怠らなければ、半永久的に機能します。

Q7.治療を行うに当たって、入院は必要ですか?

A7.入院する必要はありません。手術は通常2、3回に渡って行われますが、いずれも短時間で終わります。

Q8.インプラントは取り外すことができますか?

A8.治療の失敗などでインプラントが欠損してしまった場合は、抜くことができます。2~3ヶ月すれば骨が再生するので、もう一度埋め込むことができます。

Q9.使用していて耐久性は低下しますか?

A9.埋め込んだチタンは劣化することはありませんが、歯冠の部分は欠けたり、変色する場合があります。

Q9.手入れ方法は何が必要ですか?

A9.毎日歯ブラシで磨くだけではなく、糸ようじ(デンタルフロス)や歯間ブラシ、デンタルリンスなどを使用するなど、通常よりも丁寧な手入れは必要です。

Q10.インプラントの治療費はなぜ高いのですか?

A10.手術では雑菌などが入らないよう治療器具や治療用品が多く使用されるなど、医療環境に対して細心の注意払われているため、インプラントの治療は一般の歯科治療と比べてコストがかかります。

Q11.費用を抑えることはできますか?

A11.最もコストが高いのが歯冠部分で、素材などにこだわるなら、セラミックになります。ただし、他の素材でも機能的には変わりありません。また、治療が必要な箇所全ての歯にインプラントを埋め込むのではなく、バランスを考慮した上で治療することで、埋め込む本数を減らし、コストを抑えることができます。 また、インプラントは医療費控除の対象であるため、申告することで支払ったお金の一部が還付されます。

今すぐ専門家を探す

インプラントに強い専門家をPICK UP!!

インプラントに強い専門家を「インプラント治療.net」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

はじめての顧問税理士 Q&A QRコード